このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

広島もち豚しゃぶしゃぶセット 広島もち焼肉セット 広島もちすき焼きセット 広島もち酒粕漬け 福留ハム

お祝い、お歳暮、お中元などの贈答、ギフトにしゃぶしゃぶ・豚しゃぶ・焼肉に美味しい贈り物

広島が生んだ高級ブランド豚

広島が生んだ高級ブランド豚、ギフトにお祝いに、そして、ご家庭の嬉しい日に

こんな豚肉食べたことがない

と多くのお客様より言っていただいております。
今までの豚肉とはまったく違う、高級牛肉に勝るとも劣らない味わい。
脂身が甘く、しつこさや臭みがない、あっさりとしてコクのある旨み、口に含むと溶けてしまいそうなほ柔らかい肉に、味わったことのない甘い脂。
精肉業者や飲食店など食のプロが認めるその味は、これまでの豚肉の認識が変わります。

記念日やお祝い、おめでたい日は、我が家の食卓がレストランの最高級なディナーに変わります。

我が家の食卓がレストランに

美味しい理由

■「広島もち豚農場」独自の飼料
研究に研究を重ねてきた「広島もち豚農場」の飼料は、とうもろこし、大豆といった飼料の中にパンを加えた独自の配合調製で、肉質を重視した臭みのない最高の肉を創りあげました。
肥育後期の専用飼料には抗生物質、抗菌剤を使用していないので、安心して召し上がることができます。

■三元交配豚
3種類の豚を掛け合わせて、繁殖能力や産肉性、
肉質など、それぞれの品種の持つ長所をバランスよく引き出すことによって、肉質は、きめが細かく、脂肪交雑が入っている豚肉になり、肉の味を左右する脂身があっさりとしていてコクのある甘さです。

■ストレスのない飼育環境
豚を育てる環境は、豚にとって快適な飼育空間作りを配慮し、通気性のよい解放豚舎で、おがくずなどを敷き詰め清潔にし、ストレスを抱えることなく鳥のさえずりが聞こえる大自然の中で、のびのびと育てています。
そして、生産者の顔が見えます。
「広島もち豚農場」の広島もち豚は、限定した農家で一頭一頭丹精込めて生産いたしております。そのため生産個数に限りがあり、ひと月あたりそれぞれ200セットのご提供とさせていただいております。
予定セット終了の場合は、次月のご予約を受付けておりますので、
下記の「>>>ご予約はこちらから」か、左サイドメニューの「ご予約フォーム」から、ご予約をお願い致します。
ご迷惑をかけて申し訳ありません。
>>>ご予約はこちらから                   広島もち豚農場

広島もち豚しゃぶしゃぶセット

豚しゃぶ

広島もち豚焼肉セット

焼肉

広島もち豚すき焼きセット

すき焼き

広島もち豚酒粕漬けセット

酒粕漬け

広島もち豚の5つの特徴

上質肉特有の薄いピンク色で、脂身はあっさりしながらコクがあり、肉質はしっとり柔らかく、ジューシーな旨み。
脂身がしつこくなく、コクがあるのに、さっぱりした食感。
口に入れると溶けてしまいそうなほど柔らかい肉に、甘みのある脂身。
環境の整ったところでストレスなく育てられた広島もち豚は、豚肉特有の匂いがありません。
パンや大豆、とうもろこしなどを飼料に加えた独自の飼育方法で育てた広島もち豚は、柔らかくジューシーな味わいが口いっぱいに広がります。

広島もち豚はこんな環境で育っています

広島もち豚はこんな環境で育っています

限定された指定農場の皆さん

限定された指定農場の皆さん
「わしらが心を込めて大切に育てょーります。」
農場のスタッフです
子豚ちゃんと一緒に
「広島もち豚農場」は、広島県西北部の緑豊かで空気の綺麗な所にあります。 中国山地の大自然に囲まれ、穏やかな気候や風土に恵まれた環境で、一頭一頭大切に愛情を込め育てています。
   
大自然に囲まれて「広島もち豚農場」はあります
子豚の頃から常に健康に気を配り、丹念に世話をし、一切手を抜くことなく育てることこそが、私たちのこだわりです。


飼育の最大の特徴は、飼料にパンやとうもろこし・大豆を調合することです。そして、ストレスのない生育環境をを整え、豚舎には消臭効果のある、おがくずを敷き詰め、手塩にかけ大切に大切に大切に育てています。
元気にすくすくと育っています。おがくすが気持ちいい
広島もち豚は指定された農場限定で生産されています。

広島もち豚、こだわりの飼育方法

広島県西北部位置する農場は、太田川の清流と緑豊かな木々に囲まれた、標高約220メートルの丘陵地にあり、快適でストレスの少ない環境で健康な豚を育てています。
「広島生まれの広島育ち」生産農場を限定しています。 生産者の顔が見える広島県産豚たるゆえんです。
パン等の麦類を多く含んだ肥育専用飼料を給えることで、肉締まり・脂締まりの良い美味しい豚肉に仕上げています。
肥育後期の専用資料には抗生物質、抗菌剤を使用していません。

広島もち豚、品種

【ランドレース種】
白色種で加工用に適した品種。
在来種を大ヨークシャー種とかけ合わせて改良した大形のもので、現在、もっとも広く飼育されています。
脂肪が薄く、肉量が多い。大形で体重が300~330kgほどで、繁殖能力が優れ、子ブタは生後6か月で90kg前後になります。
離乳する子豚の平均頭数や離乳期後の平均生存率は、全品種の中で最高です。

【大ヨークシャー種】
イギリス、ヨークシャー原産の白色種。
大形種で胴は長く、下半身も充実しており、四肢は長い。繁殖能力に優れていて、もっとも好まれる品種であり、一腹の生産頭数が多い事で知られています。
肉質は良好で生肉に適しています。

【デュロック種】
毛は赤色単色で体型は均称のとれた精肉用型。
成長が早く、他の品種に比べ同量の肉になる為に必要な飼料の量が少なくて済むという、経済的な品種です。
実用豚生産のための雄型品種(3元交雑種の止め雄:)として、利用されます。

施設

①種豚交配舎
母豚(LW)と種雄豚(D)を掛け合わせます。

②分娩・授乳舎
約10頭を算出します。出産から平均27
日齢まで授乳で育てます。

③子豚育成舎
授乳期間後、約70日齢まで骨格づくりをしていきます。

④肥育舎
平均180日齢の出荷時期(約110kg)まで、専用飼料で育てます。


◎妊娠舎・堆肥舎・機械格納庫・自家配飼料撹拌庫・管理棟